2011年10月28日

絵本:ケーキをさがせ!

わんわんのケーキをぬすんだネズミさんたちをおいかける、という絵本なのだけど、ネズミをおいかける犬たちだけでなく、他にもいろんな物語が同時進行している絵本。

cake_sagase1.jpg

文字のない絵本なので、そういったストーリー展開を絵で見て楽しめます。
めくったページをもういちど戻って比べてみて、
「あ、ぶたさんがここでこんなことしてはるわ」
なーんていういろんな発見があって、何度読んでもおもしろい。
というか大人が楽しいかも。

作家さんは、インドネシア生まれの中国系オランダ人、だそうで、「オランダ銀の絵筆賞受賞」を受けているらしい。

最初借りたのは「ケーキをさがせ2」だったのだけど、おもしろかったので1も借りてみました。

『ケーキをさがせ!』
作・絵: テー・チョンキン
出版社: 徳間書店
発行日: 2008年4月30日
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本:りんごがコロコロコロリンコ

シンプルな本ですが、ゴロもよく、楽しい絵本。

Ringo_kororinko.jpg

『りんごがコロコロコロリンコ』
作・絵: 三浦 太郎
出版社: 講談社
発行日: 2011年01月
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本:「えかきうたのほん」

ekakiutanohon.jpg

「えかきうたのほん」
作: 中村 柾子・西巻 茅子
絵: 西巻 茅子
出版社: 福音館書店
発行日: 1993年05月
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

絵本:ともだちになろうよ

「ぼくたちともだち」の前編。
先に借りた「ぼくたちともだち」が大の大のだーいのお気に入りだったので、それなら前編も、と借りてみました。

tomodachininarouyo.jpg

へぇー。そんな始まりだったのね。
と新鮮にひびく内容。

あんなにウーのことが大好きで夜も眠れないカイなのに、最初はこんなにそっけなかったなんて。
それにしてもウー、アグレッシブだわ。
オランダの女性みたい(ステレオタイプですが)。

『ともだちになろう』
作: 中川 ひろたか
絵: ひろかわ さえこ
出版社: アリス館
発行日: 2004年06月
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

絵本:くれよんのくろくん

かわいらしいお話し。

kureyonnnokurokunn.jpg

絵がかわいらしいからか、豆坊もお気に入りで、何度も読んでます。

『くれよんのくろくん』
作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
発行日: 2001年10月
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本:「ピピとトントンのえほん ちいさなおとうと」

かわいい。続編も借りよう。

chiisanaotouto.jpg

「ピピとトントンのえほん ちいさなおとうと」
作・絵: リスベット・スレーヘルス
訳: 木坂 涼
出版社: 小学館
発行日: 2008年11月
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

絵本:おどります

おちがあるのかと期待して最後まで読み進めましたが。。。
特にそういうわけでもなく。
ただひたすら動物たちが踊る、この本。

それでも豆坊楽しそう。
しかも自分で読んじゃいます。

odorimasu.jpg

『おどります』
作・絵: 高畠純
出版社: 絵本館
発行日: 2005年06月
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本:「まいごのどんぐり」

少しせつなく哀しいものがたり。

maigonodonguri.jpg

「まいごのどんぐり」
作・絵: 松成 真理子
出版社: 童心社
発行日: 2002年09月15日
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

絵本:「だっこして」

「図書館バス」の少ない開架に並んでいた絵本。
タイトルとかわいらしい絵に引かれて手にとって豆坊と読んでみました。

dakkoshite.jpg

「だっこしてだっこして」と「おかあたこ」にせがむ、ちっちゃいたこ。
・・・どこかで聞き覚えあるような。
豆坊は毎朝飽きもせず、「おとうたこ」にせがんでますが。

「もおぅ。だっこだっこって言わんといてよ。することいっぱいあるねんから」
なんて言わないところが「おかあたこ」のすごいところ。
イヤな顔ひとつせず、抱っこしてあげます。
というのも、おかあたこは足が8本あるので、いろいろ用事を片手(足?)でこなしながら、だっこ〜とせがむ、ちっちゃいたこを抱っこしてあげれちゃうのです。

続きを読む
ラベル:はまった絵本
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。