2011年11月22日

柿取り

今年は生り年だった柿。
我が家の裏手の柿の木も豊作です。
それにしても生えているのは山の急斜面。
高い木自体の高さに斜面の勾配も手伝って、おいしそうな橙色に熟した柿のみたちは、どえらい高いところに鈴なり。

とりたい、でもどうやって?
田舎育ちではない私たちには見当もつきませんでしたが、隣のおじさまに教えてもらって柿のみ取りに今年初挑戦しました。

1122_kakitori1.jpg

続きを読む
タグ:
posted by namy at 23:00| 桂川源流域、黒田より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

京北の味、品評会 京北の味、品評会

山国さきがけセンターで「新しいメニューの商品化に向けて、京北の特産物を使ったメニュー募集!」というイベントが行われたので、行ってきました。

たくさんのおいしいメニューが味見できて、すこぶる幸せハートたち(複数ハート)

わたしたちも「にんにく味噌」を出品しました。

2011-1113-125204_F1000008.JPG

2011-1121-120208_F1000007.JPG
posted by namy at 21:00| 桂川源流域、黒田より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

磨き丸太の行く末

1118_migakimaruta.jpg

こんなに大量の磨き丸太、見るも無惨に積み上げられていました。

いつも薪用の廃材やら材にした残りの部分(コアと呼ぶらしい)をゆずっていただいている、京北木材センターさんでの一コマ。

手間暇かけて、うん十年という歳月を経て育て上げられた、磨き丸太さんたち。
悲しい。。。

床の間に利用しなくったって、何かに利用できそうなのに。
何かいいアイディアはないかなぁ。
タグ:森林
posted by namy at 22:00| 桂川源流域、黒田より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

薪ボイラーで床暖

そろそろ寒くなってきました。

薪ストーブも入れてますが、床暖だけでも相当暖かいです。
おしりが暖かいって、体感温度が違うんだなぁ、と実感。

床暖も薪でまかなってます。

1118_maki.jpg

薪ボイラー用の薪は大きくってもOK。
裏に転がっている杉の葉から枝打ちした枝葉もボウボウ燃えるし、刈った草(乾燥)とか、はては段ボールとか紙ゴミとか、とにかく何でも(もちろん石油由来のものは不可ですが)燃やせる、しかもそれが燃料になって暖をとれる。

「ほんとなら捨てるはずだったもの、あるいは相当なエネルギーを使ってリサイクルされているもの」が燃料になるなんて、うーん、お得だ。
お得感満載なもの、大好きです。
タグ:薪ボイラー
posted by namy at 22:00| 桂川源流域、黒田より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

薪、準備中

・・・って、もう11月。

薪ストーブに火入れる時期になって慌てて準備。

2011-1114-170700_F1000006.JPG

「これ?来年用の薪ざーます。ほほほ。今年の薪?あまるほど売るほどたっぷりあるざーますよ。」
なーんて薪貴族になってみたいものです。

薪貴族どころか、切ってはくべる、自転車操業な薪貧乏生活。
来年は出世して、貴族までいかなくともせめて、薪中流階層をめざそう。。。

2011年11月12日

薪ストーブ、今年も出番がやってきました

薪ストーブ、今年もとうとう出番がやってきました。

1112_makistove.jpg

暖かい〜。。。
ストーブの窓から見える、ちろちろ燃えるオレンジ色の火。
燃える広葉樹の香ばしいかおり。

ワイングラス片手に、読みかけだった分厚い本でも読もうか。。。

・・・なんてことが可能なわけありません。
3才と0才のうきゃうきゃボーイズがいてたら不可能です。
(反対にいつになったら可能になるのだろう。。?)
続きを読む
タグ:薪ストーブ

2011年11月04日

絵本:「14ひきのかぼちゃ」

かぼちゃの種をまいて、ぐんぐん育っていって、収穫して、おいしい料理にして。
みんなでおいしいかぼちゃづくしを楽しむ!
と、キッチンガーデンの究極の楽しみが描かれています。

優しい絵なので癒やされます。

14hiki_kabocha.jpg

「14ひきのかぼちゃ」
作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
発行日: 1997年04月
ISBN: 9784494008742
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

絵本:「おむすびころりん」

omusubikororin.jpg

「おむすびころりん」
作: 松谷 みよ子
絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
発行日: 2006年12月
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本:「おならうた」

リズミカルでたのしい絵本。
さすが谷川俊太郎さん。
それにしても絵がすてき。

onarauta.jpg

「おならうた」
作: 谷川 俊太郎
絵: 飯野 和好
出版社: 絵本館
発行日: 2006年06月
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

絵本:「バムとケロのにちようび」

テンポがよく楽しめるお話しでした。

BamtoKero-Nichiyobi.jpg

「バムとケロのにちようび」
作・絵: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
発行日: 1994年09月
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本:「フレデリック」

かなり古い絵本だったのですね。
谷川俊太郎さんの訳で、とてもステキなお話しになっています。
「アリとキリギリス」的な、「働かざるもの食うべからず」という結末かと思いきや、目に見えないものを大切に、という心温まるお話しでした。

Frederick.jpg

「フレデリック」
作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 好学社
発行日: 1969年
posted by namy at 21:00| 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。