2009年05月12日

Inoshishi-disaster II 〜イノシシにやられた!其の弐〜

またまたイノシシの襲撃(?)に遭いました >_<
く、く、くやしい〜。

ぐちゃぐちゃになったコンポストを立て直したばかりなのに、
コンポストはまたもやぐちゃぐっちゃでひっくり返ってる。

朝7時、隣のおじさんと、反対隣のおばさんと、イノシシ襲撃についての井戸端会議開催。

「うちなんてじゃがいもみんな掘り起こしてますわ。」
おばさん家の畑の被害はさらに甚大。

「土管から入ってるんとちゃいますやろか。」
というのが、おばさんの推測。
畑はネットで囲われているのに、そのネットが壊れた形跡がないからです。

辺りに散らばった、生ゴミと土と草のまぜこぜをかき集め、コンポストを組み立てる。

朝一番の仕事が、ぐちゃぐちゃになったコンポストの立て直しとは、気が滅入ります。天気がいいことと、生ゴミがすでに土になりかけてたのが見れたことが、せめてもの救い。

とゴミをかきあつめていたら、うねうねと身をくねらせて出てきたムカデ。イノシシへの憾みもあり、スコップで八つ裂きの刑。ムカデは栄養よさそうやし、と、立て直したコンポストに入れときました。

山からのケモノたちは、ヤマビルやらムカデやらをお伴に降りてきます。こうやって里に、あんまり歓迎したくない生き物たちが増えていく。。。

「ぶお〜ぶお〜」と土管をばしゃばしゃ、どたどたと駆け抜ける、オットコヌシみたいなイノシシが、黒いつぶつぶ(ヤマビルやムカデ)をまき散らして里を駆け回る、恐ろしいシーンが頭に浮かびました。


posted by namy at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 桂川源流域、黒田より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 名無し at 2013年01月05日 21:54
猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページのQ&Aにあるように狼の導入を!
Posted by 名無し at 2013年01月05日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。