2009年08月05日

木製コンポスト、第二号が完成!

遊びに来てくれた友人の子どもたちと一緒に、木製コンポスト第二号を作りました。

完成図
2nd_compost1.jpg

年季の入った第一号と並べて置いてます。
2nd_compost2.jpg

第一号を作ったのは4月3日。
4ヶ月でいっぱいになってしまったので、第二号を作る決心をしました。


またまたご近所の材木屋さんにお願いして、材を調達。
今回は、杉と桧が混じって届けられました。

材を切ったのは数日前のこと。
遊びに来てくれたYWCAのメンバーに手伝ってもらって、あーっという間に材のカットが終了。

今日は切った材を木ねじで留めて、四角い枠にする作業を、子どもたちと一緒にしました。数人にあっちの端を押さえてもらい、また数人にこっちの端を。一人にくぎを渡す担当になってもらって、と、6人がかりで取り組んだので、てんやわんやの大騒ぎ。

時間の関係で、四角い枠は2個しかできなかったのですが、ふぅ、なかなか楽しいひとときでした。

みんなが帰った後、一人でもくもくと作業。
さすが二度目ともあって、すーいすい。
15分ぐらいで木枠5個が完成。

少しフタの作成に手間取りましたが、今回は前回よりもはるかに簡単に、スピーディに完成しました。

気になるコストですが、材が3000円ぐらい、木ねじが500円ぐらいかな。同じ容量のプラのコンポストは(結構大容量なので)7000円ぐらいするだろうから、それよりは格安。
お財布的にも、環境的にもエコなコンポスト。
(ちなみに真夏に作業するから汗もかいて、身体にもエコ)
満足感も充実感もいっぱいです。

京都市はコンポスト助成していて、購入価格の半額を助成してくれるという話なのですが、これにも助成してくれへんやろか。
プラよりははるかにエコやから、実際価格の全額を助成してくれへんやろか〜。時間ができたら京都市にかけあってみようと思ってます。

P.S. 木製コンポストを自作してみよう!という方は、以下も見てみてください。
木製コンポスト完成!
コンポストを間伐材で作る
コンポスト導入計画
この記事へのコメント
こんにちは。
私も家庭菜園用に木製コンポストをつくろうと思い、ネットで作り方を調べているうちにこちらにたどりつきました。
同じような要領で作ろうかと思っているのですが、ひとつ疑問が。

写真を見るとコンポストの下にレンガを置かれていますよね。
このコンポストってそこがあるのですか?
私は木枠を重ねているだけのように見えるのですが。
なにぶん英語が読めないので、見よう見まねです。レンガをおかれている理由ってありますか?
Posted by フリージア at 2011年08月29日 20:53
コメントありがとうございます。
コンポストには「底」はないです。底は土です。
木枠が重なっていって、四角すい状です。縦の四辺のみあって、底はなし、上には別に作ったふたがある、という感じです。
木枠の下にレンガを置いているのは、少しでも長持ちしてほしいからです。土の上に直接木枠を置くと、早く腐っちゃうかなぁ、と思ったためです。うちは山村地域なもので雨も湿気も多く、何も塗装を施していない材は土に還りやすいのです。
参考にした英語のページには特に「レンガを置く」なんて書いていなかった(と思う)し、フタも適当っぽかったので、やっぱり雨や湿気の少ない地域での情報やなぁ、と思った次第です。
作るのはあっというまだし(少々まがっててもできあがれば気にならないですー)、いいですよ、木製コンポスト。
作ったらまた感想お聞かせくださいね。
Posted by namy at 2011年10月26日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。