2012年12月08日

大根菜と大根の炒り煮でお焼き(信州風)

DSCF3994.JPG

坊と一緒につくりました。
具は、「大根菜とおじゃこのふりかけを片栗粉でとろみつけたのん」と、「千切りにした大根とにんじんを炒り煮にして片栗粉でとろみつけたのん」
「栗ジャム」(昔作ったのが冷凍庫で化石化寸前、いえ、出番を待っていてくれたもの)
を入れました。

DSCF3978.JPG

生地は、強力粉2カップ、薄力粉2カップ、塩小さじ1、米ぬか1カップ、を入れて熱湯を適当に入れて練って、しばらく寝かします。
生地をのばして具を入れて、フライパンで焼きます。
その後蒸そうと思って準備はしていたのですが、焼きたてを味見したらおいしすぎて!がまんできず、みんなで味見してると蒸し器にまでお焼きが到達せず(^▽^)

DSCF3976.JPG

坊が「バスお焼き」だの「手紙お焼き(???)」だのを作ってくれます。
子どもとこねこね料理は楽しいですね。

DSCF3983.JPG

白い粉がまいちるキッチンは、ある意味幻想的ムード満載ですが。。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。