2013年02月04日

子たちと初海外!チェンマイ訪問記(1):雪に埋もれる京北から、常春の地をめざす

雪に埋もれる京北から、常春の地をめざす

タイ第2の都市チェンマイは、首都バンコクから北方720kmに位置する北部タイの最大の都市。かつて栄えたランナー王国の首都だったこともあり、数多くの歴史ある寺院が立ち並ぶ、古都としての風格を備えた街です。そんな美しさから「北方のバラ」と呼ばれ、たくさんの観光客を惹きつける観光都市です。そんなチェンマイを10日間、4歳の豆坊と1歳の乾坊、彼らのおとーちゃんと4人で訪れてきました。
街中にあふれる寺院の数々。国内外から訪れる観光客。気候の良さ、バンコクと比較して格段に住みやすい環境に惹かれ移住してきたインターナショナルな人々(日本の定年世代の移住者も数多いとか)。そんな多様な文化の舌を満足させるレベルの、世界各国の伝統料理を提供するレストランの数々。そして、餅米やきのこ類といった、北部タイならではの食材を駆使した、北部タイ料理。ナイトマーケットやその他マーケットがあちこちで開かれ、買い物好きにはたまりません。数多くの大学とその学生で賑わい、歴史的、文化的に充実した街は、「タイの京都」と呼ばれるほど(そう呼ぶのは京都の人ぐらいな気がしないでもないですが・・・)。そして一歩郊外へ行けば、山々に囲まれ、のどかな田園風景が広がる。芳香漂わせるトロピカルフルーツと(もちろんもっと暖かい気候の南部から、あるいはハウス栽培でしょうが)豊富なお野菜、スパイスとパクチーの香りで食欲そそられる食べ物であふれるマーケット。そして何より、暖かい気候。。。

「移住したい。。。雪も寒いのもぜーんぶ捨ててチェンマイに。。。!」

というのが、空港に到着して最初の感想でした。たまねぎの皮むきみたいに着ている服すべてー自分の分も子たちの分もー剥いでスーツケースに突っ込み、外に躍り出ると出迎えてくれたのはまぶしい太陽!豆坊と顔を見合わせては「あったかいね〜」とニマっと笑い合いました。

そして次に出てきた言葉が上述の「移住したい・・・」。
とはいえ、その後に続く10日間で、「世界にパラダイスは存在しない」ことと、「隣の芝生は青いといつも思ってしまう私」を再確認したわけですが。それでも、チェンマイはすてきな街です。「世界にパラダイスが存在しない」としたら、その欠点(10日やそこらの滞在で分かるわけはないのですが)を補ってあまりあるすてきなところがたくさんありそうです。いつか移住しなければならない境遇になったとしたら、チェンマイも候補地の一つ、と今でも思っています。

さて今回、チェンマイ訪問を決めたのは出発の10日前。1月末の大寒の時期、畑も家も気持ちも雪に埋もれる日々に、とにかく雪の京北を脱出し、暖かい場所でリトリートしたい、という気持ちがまず最初の動機でした。その次は、そんな暖かいところでの「サステイナブルな社会に向けた食と農に関する取り組み」の現状と実践の現場を実体験したい、という気持ちでした。候補地にあがったいくつかの街の中で暮らす友人から知り合いから、見知らぬ人にまでコンタクトを取り続けた末に決定した行き先はチェンマイ。その決めては、チェンマイ近郊でMindful Farmという形で「持続可能な暮らし」を実践する紀子さんからの「Welcome!」という返信でした。

Mindful Farmへ行くで〜

Mindful Farm(以下M.Farmと書きます)はチェンマイ県サムー郡パンターム村(Pang Term Village, Samoeng District, Chiang Mai Province)にあるオーガニックファーム。元僧侶のピーナンさんと、パートナーの森田紀子さんが運営されています。国内外から訪れるボランティアを受け入れ、彼らとの共同生活の中、多品種のお野菜を育て、シンプルでサステイナブルな暮らしを実践されています。元NGOスタッフとして日本やアジアの女性移住労働者問題で活動されていた紀子さん。もともと彼女と出会ったのは、私たちと京都自由学校で協働で開催していた縁農講座に、参加者として私たちの農園を定期的に訪れてくれていたからでした。オーガニック農業やお野菜のすてきな食べ方に詳しい紀子さんが、毎回差し入れしてくれたおいしいレシピの数々に参加者みんなで舌鼓を打ったことは、昨日のようです。アジア地域を仕事で奔走されていた彼女ですが、ピーナンさんと出逢い、娘さんののばらちゃんが産まれ、Mindful Farmerになるという大転換を遂げられます。そんな彼女の暮らしに興味しんしんでしたが、まさか本当に親子4人で訪ねる機会がくるなんて。「ぜひきてください」とのメールを読んでわくわく躍る心を抑え、その指で航空券予約すべくクリックしたのでした。
ラベル:チェンマイ
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 元にんぷのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。