2013年09月25日

チェンマイ旅行記(7) チェンマイ農業事情を考える

世界最大米輸出国であり、農業国と知られるタイ。しかし1980年代後半以降、急速に工業化が進み、今では農業はGDPの8.4%しかならない。その一方で、GDP43.9%を工業が占めるまでになった(2007年)。そのうちの約3割が製造業だ。チェンマイ中心街から北へ、南へ、車で15分も走ると、大きな「Processing factory(食品加工工場)」を窓越しに見ることができる。夕方5時過ぎに通ったときには、勤務を終えて帰宅する工場労働者が運転するバイクの大群に遭遇した。24時間稼働、あるいは夜まで稼働する工場がほとんどだが、交代制での勤務を終えた労働者なのだろう。青や白の工場の制服そのままの姿で労働者が1人、あるいは2人乗ったバイクが、工場の敷地から出てくる出てくる。盛況の製造業ではあるが、実は、工業に従事するのは労働人口の14%、という統計が表すように、工業がもたらした雇用はそう多くないようだ。実は、GDPの1割以下しかならない農林水産業が、労働人口半分の雇用を生み出している。街中では、今やタイの主要産業といえる工業や観光業に従事する人々が増えたのだろうが、農山村では昔のまま農業に従事する人々が多いことがうかがえる。そして、農山村で得られる収入と、都市部で得られる収入との格差が広がっているのだろう。

農業国なのに農業ではなかなか食べていけない。都市部に移住する人が後を絶たない。。。「タマネギ畑で涙して」で山下惣一氏が記されている農村地帯の状況は、もう10年以上も前の話だ。中国やインドといった巨大市場に近い有利な地理的条件、東南アジアの「デトロイト」を標榜するタイ政府の推し進める自動車産業後押しの結果、2000年以降高成長率を維持してきたタイ。こんな好景気の中、農村地域も状況が変わったのだろうか。

続きを読む
posted by namy at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

チェンマイ旅行記(8) 「タイの人びとは外食が多い」から考える

特に、「タイの人々は外食することが多い」と一般に言われている言説が気になった。確かに一歩ストリートを歩けば、テーブルひとつの小さな店を開いて料理を出す店に出くわす。マーケットでも、定食(風?)のセットから単品お総菜、お魚のフライからヌードルから辛そうなカレーから白ご飯に辛いペーストやソースにえごまのふりかけまで、何でもそろうようだ。白ご飯が売っているのはえらい驚いた。日本では「白ご飯ぐらいは炊く」よね。。。?いや、サトウのご飯もあるか。あ、最近よつ葉さんでも白ご飯売ってるなぁ・・・驚いた私の感覚こそ「古い」のかもしれない。それでも子ども付き旅行者の私たちにはとてもありがたいことだった。特に北部タイの主食、炊いた餅米(カオニャオ)。1膳分の量が小さなビニール袋に入れて売っている。タイ米だとおにぎりにできないが、カオニャオだと簡単。カオニャオに持参した梅干しを混ぜ、何個子どもたちにおにぎりを握ったか。。。
続きを読む
posted by namy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

チェンマイ旅行記(7) チェンマイ農業事情を考える

世界最大米輸出国であり、農業国と知られるタイ。しかし1980年代後半以降、急速に工業化が進み、今では農業はGDPの8.4%しかならない。その一方で、GDP43.9%を工業が占めるまでになった(2007年)。そのうちの約3割が製造業だ。チェンマイ中心街から北へ、南へ、車で15分も走ると、大きな「Processing factory(食品加工工場)」を窓越しに見ることができる。夕方5時過ぎに通ったときには、勤務を終えて帰宅する工場労働者が運転するバイクの大群に遭遇した。24時間稼働、あるいは夜まで稼働する工場がほとんどだが、交代制での勤務を終えた労働者なのだろう。青や白の工場の制服そのままの姿で労働者が1人、あるいは2人乗ったバイクが、工場の敷地から出てくる出てくる。盛況の製造業ではあるが、実は、工業に従事するのは労働人口の14%、という統計が表すように、工業がもたらした雇用はそう多くないようだ。実は、GDPの1割以下しかならない農林水産業が、労働人口半分の雇用を生み出している。街中では、今やタイの主要産業といえる工業や観光業に従事する人々が増えたのだろうが、農山村では昔のまま農業に従事する人々が多いことがうかがえる。そして、農山村で得られる収入と、都市部で得られる収入との格差が広がっているのだろう。

農業国なのに農業ではなかなか食べていけない。都市部に移住する人が後を絶たない。。。「タマネギ畑で涙して」で山下惣一氏が記されている農村地帯の状況は、もう10年以上も前の話だ。中国やインドといった巨大市場に近い有利な地理的条件、東南アジアの「デトロイト」を標榜するタイ政府の推し進める自動車産業後押しの結果、2000年以降高成長率を維持してきたタイ。こんな好景気の中、農村地域も状況が変わったのだろうか。

続きを読む
posted by namy at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。