2012年11月16日

大根菜チャーハン(大量大根入り)

スタッフまかないランチ。
またまた大根菜チャーハン。
今日は日野菜のさくら漬けを添えて。
DSCF3692.JPG

この間は、みょうがの甘酢漬けを入れてみました。
DSCF3711.JPG

このチャーハン、実はひそかにたっぷり大根(さいの目切り)が入っています。

入れるのをためらうぐらいのすんごい量、大根山盛り入れてます。
それでもできあがったらあーらフシギ、見た目には大根山盛り入ってるなんてまったく分からなくなります。

チャーハンといえばかなりのご飯が必要ですが、ご飯と同量ぐらいの大根が入っているため、かなりご飯は「節約」されています。

これぞ「糧飯(かてめし)」。
おこめが貴重だった時代に、「ご飯増量目的」で重宝されていたのが大根だったとのこと。

白いし、しっかり炒めて混ぜれば特に香りも歯ごたえも「大根が入ってる」と分かることもなく。

あ、うちの場合、「お米の節約」のためというより、「たくさん食べて〜」という大根さんたちの熱いご要望に応えての「大根でご飯増量計画」邁進中でございます。

あれこれ言ってますが、大根たっぷりチャーハン、おいしいんですよ〜!

2012年11月15日

壬生菜のなんちゃってチヂミ

DSCF3733.JPG

前回大好評(?)の大根菜のチヂミ風につづき、なんちゃってチヂミシリーズ、第2弾!

壬生菜といえばお漬物、という方も多いと思います。
「壬生菜をこんな食べ方しはって・・・」とおしかりを受けたらどうしよう。。。と思いつつ挑戦。

これがまた、おいしかった〜。
ものすっごい量の壬生菜がおしげもなく投入されています、このレシピ。

DSCF3718.JPG DSCF3719.JPG

「ほうれんそうより多いビタミンが含まれている壬生菜」を大量にいただきました。

八百屋さんなどで買ってたら、ここまで大胆な使い方はできへんやろうなぁ。
「壬生菜のなんちゃってチヂミが食べたいから、家庭菜園で壬生菜をたくさん植えるっ」
という人が出てきてもおかしくないぐらい、おいしかったです。

壬生菜にさっくり粉をまぜ(かき揚げかと思う感じの少ない粉をさっとまぜるとカリッとしあがります)、味付けは塩麹とかつお節の粉。
油を熱したフライパンでじっくり焼きます。
しょうゆ、みりん、黒糖、ごま油、すりごま、のたれでいただきました。

2012年11月14日

小麦に挑戦

DSCF3701.JPG

小麦、干してます。

今年初挑戦の小麦。
品種は「南のかおり」です。

干しているだけで漂ってくる、香ばしい香り。
小麦ってただそこにあるだけで、こんなにおいしそうな香りがするもんなんだ。
挽き立ての小麦をこねて焼いたパンはおいしい、というけど、きっとそうだろう。

自家製小麦でパンを焼くのが目下の目標。
それは叶うのだろうか。。。
posted by namy at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

壬生菜のジェノベーゼの蕪ときのこたっぷりパスタ

DSCF3654.JPG

かぼちゃの豆乳スープとともに。

壬生菜の濃密な味と色が、バジルのジェノベーゼに負けないぐらいおいしくって、鮮やかな緑のパスタに。

炊いたもちきび(豆乳クリーム和え)を入れて「ちょっとぷちぷち感」を、
きのこたっぷりで「こりこり感」。
重要な脇役たちでした。

週末、子たちの「おなかすいた〜」の大合唱を聞きながら急いで作ったパスタ。一見「大人味」な壬生菜なので、ペーストにしたとはいえ子たちに食べてもらえるか不安でしたが、大好評。
がぶがぶ食べてくれた1歳と4歳坊ズ(+とーちゃん)でした。

DSCF3666.JPG DSCF3664.JPG

備忘録。ご参考までに。

@壬生菜のジェノベーゼをつくる:壬生菜、オリーブオイル、にんにく、塩、塩麹を入れてフープロでガー。
A蕪(いちょう切り)とキノコをいためる。ジェノベーゼソースを和える。塩・こしょうなどで味を調える。
Bアルデンテなパスタと和える。
20分でできるのがパスタのいいところ。ぜひお試しあれ〜。
(とーちゃんがせっせと壬生菜を洗った時間は入ってません(^▽^)

走れ、日野菜!

日野菜、耕し歌ふぁーむ梱包場から逃げたっ。

DSCF3734.JPG

日野菜、走ります。

DSCF3735.JPG

おおっと。。フェイントかける〜。

DSCF3736.JPG
posted by namy at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

大根菜のふりかけ

DSCF3622.JPG

大根菜のふりかけ。
ゆでる方もいらっしゃいますが、私は洗ってから、中華鍋で炒めて水を飛ばします。
水分が飛んだら、おじゃこを入れて少し炒めて、ごま油を最後にたらーりたらり。
朝ご飯は、あつあつご飯に大根菜のふりかけ、具だくさんお味噌汁で元気いっぱいです。

日野菜のさくら漬け、いかが?

「日野菜のさくら漬け」販売してます!

DSCF3380.jpg

あつあつご飯とどうぞ〜。
お酒のおともにももってこいですよ〜。

室町時代の日野の領主・蒲生貞秀公が、日野の鎌掛(かいがけ)という地域で野生菜を発見し、その菜を漬物にしてみると、色、味ともに風雅なものであったため栽培が始ったとされます。

日野菜ってほんとうにきれいなお野菜。
どうしてこんなにきれいなんだろう。

DSCF3645.JPG DSCF3647.JPG

自家栽培の日野菜を拍子切りにして、こだわりの調味料で漬け込みました。歯ごたえも彩りもよく、あつあつご飯とよく合います。

100g入りパック、350円です。
(お野菜セットとご一緒ですと送料がオトクです〜)

原材料:日野菜(有機無農薬自家栽培)、塩(海工房りぐる)、千鳥酢、味りん(味の母)

★おすすめ★
日野菜のさくら漬けでチーズトースト

DSCF3482_s.JPG

日野菜ってほーんと、洋風な味と合います。
チーズトーストにすると、お漬物じゃないみたい。
せっかくのお漬物、バチアタリナと言われそうですが、それでもおいしいもんはおいしい!
posted by namy at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「固定種伝統野菜と新ショウガであったまろうセット」

DSCF3689.JPG

左から、日野菜、万木かぶ、白上り京大根、青味大根

posted by namy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

大根エキス入りはちみつ

DSCF3634.JPG

のどが「いがいが」しがちな冬の朝。
これを飲むとスーっとします。
さいの目に切った大根をはちみつに漬けた、だけ。
みずみずしかった大根が、みるみるうちにしわしわになってしまいます。
そんな大根のエキスた〜っぷり含んだはちみつ。
炎症を抑える作用がある大根と、抗菌作用のあるはちみつの、すてきなコラボ。

別名「大根飴(あめ)」。
黄金色に輝くエキスで、風邪知らずです。

ちなみに、私はしわしわの大根ごと、毎朝スプーンでがぶり、してます。

大根、空をあおぐ

DSCF3641.JPG

空に向かってぐいぐいっと葉を伸ばす大根。
力強い。
小さい葉っぱ、ひとつひとつから、太陽と雨のめぐみをめいっぱい吸収、日に日に大きくなっていきます。
posted by namy at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

厚揚げと壬生菜のポン酢和え

DSCF3615.JPG

アグロス胡麻郷さんの厚揚げ、大好きです。
炒めた厚揚げに、壬生菜を加えてさっと炒めただけ。
手作りゆずポン酢をかけていただきます。
すんごい量の壬生菜を食べてしまいます。
とってもシンプルですが、すんごいおいしい。
壬生菜の深〜い味と、香ばしい厚揚げの風味、ポン酢の甘酸っぱさ、が絶妙に混じり合って、なんともいえない。
ワタクシ、これとご飯だけでしあわせ、なぐらい好きです。

2012年11月09日

かぶら菜ともちあわチーズ

DSCF3617.JPG

かぶらの菜っ葉、塩もみしておいたのん。
それだけでもすっごいおいしい。
生でもおいしいんだけど。
切って漬けてしてる間にも「ぱくぱく」と「やめられないとまらない」なおいしさ。
そんなこんなで大量に漬けておいたかぶらの菜っぱに、もちあわチーズをかけてみました。
もちあわことこと炊いたのん、豆乳、練りゴマ(白)、にんにく醤油、塩、「残り甘酢」(甘酢漬けなどの残った酢)で練り練りしたら、あーらふしぎ。なんともこってりチーズ風。
これとかぶらの菜っ葉があうんだこれが。

かぶら菜の炒り豆腐

DSCF3616.JPG

かぶらの菜っ葉を大量に入れた炒り豆腐。
豆腐に菜っ葉が入ってる、ではなく、菜っ葉に豆腐が入ってる?
ぐらいの量を入れた。
つもりが、炒めて水分飛ばしているとほどよい量に。
練りゴマ少し、ごま油、にんにく醤油でしっかり味付けます。
子どもも大好き。

大根菜のなんちゃってチヂミ

大根菜の「なんちゃってチヂミ」。

DSCF3603.jpg

これがなかなかいけるんです。

ざくざく、大根菜を5mm〜1cmぐらいに切って、大根菜と粉をさっくり混ぜます。
小麦粉でも米粉でも。米粉の場合は少し片栗粉を入れるといいです。

かつお節の粉など入れると味に深みが、卵を入れるとふわっと感が楽しめますが、なくてもOK。

こーんなたっぷりの大根菜。
あっというまです。

DSCF3600.jpg

焼いてます。

DSCF3601.jpg

子たちも大好き。
続きを読む

2012年11月08日

壬生菜とお揚げさんのおそば

壬生菜とお揚げさんのおそば。

DSCF3493_s.JPG

寒くなってきた今日このごろ。
あっさりさっぱりと壬生菜とお揚げさんのみのおそばをいただきます。
壬生菜の濃〜い味、甘辛く炊いたお揚げさん、あつあつのおそば。
バタバタと走り回った午前を忘れ、ほーっこりさせてくれます。

2012年11月07日

厚揚げと壬生菜のポン酢和え

アグロス胡麻郷さんの厚揚げ、大好きです。
炒めた厚揚げに、壬生菜を加えてさっと炒めただけ。
手作りゆずポン酢をかけていただきます。

DSCF3615.JPG

すんごい量の壬生菜を食べてしまいます。

とってもシンプルですが、すんごいおいしい。
壬生菜の深〜い味と、香ばしい厚揚げの風味、ポン酢の甘酸っぱさ、が絶妙に混じり合って、
なんともいえない。

ワタクシ、これとご飯だけでOK、なぐらい好きです。

2012年11月06日

かぶらの菜っ葉の炒り豆腐

かぶらの菜っ葉を大量に入れた炒り豆腐。

DSCF3616.JPG

豆腐に菜っ葉が入ってる、ではなく、菜っ葉に豆腐が入ってる?
ぐらいの量を入れた。
つもりが、炒めて水分飛ばしているとほどよい量に。

練りゴマ少し、ごま油、にんにく醤油でしっかり味付けます。

子どもも大好き。

2012年11月05日

かぶら菜のもちあわチーズのせ

かぶらの菜っ葉、塩もみしておいたのん。
それだけでもすっごいおいしい。
生でもおいしいんだけど。
切って漬けてしてる間にも「ぱくぱく」と「やめられないとまらない」なおいしさ。
そんなこんなで大量に漬けておいたかぶらの菜っぱに、もちあわチーズをかけてみました。

DSCF3617.JPG

もちあわことこと炊いたのん(少し自然塩)、豆乳、練りゴマ(白)、にんにく醤油、塩、「残り甘酢」(甘酢漬けなどの残った酢)で練り練りしたら、あーらふしぎ。なんともこってりチーズ風。
これとかぶらの菜っ葉があうんだこれが。

マクロビ風?つぶつぶ風?
使っているのは植物性のものだけでも、食べ応えのあるこってり風味って。
みためもおなかも大満足。
からだに負担も少ないので、最近はまってます。

この「なんちゃってチーズ」はびょーんって伸びておいしそー(焼いてなくてもね)で、材料を言わなかったら誰もがチーズと思うオモシロイもの。

もちあわ作りたいけど、たかきびより小さいつぶつぶは脱穀が厳しい〜。

というより、「もったいないがり」なんで落ちていくつぶつぶがもったいなすぎて耐えられない。。。
→こんなんじゃ農家やってられないんですけどね。

2012年11月04日

「日野菜のさくら漬け」のチーズトースト

自家製天然酵母黒豆パンに、「日野菜のさくら漬け」とチーズをのせてトーストで焼いてみました。

DSCF3482_s.JPG

日野菜のさくら漬けとチーズって、なんだかとても相性がいいのです!
和洋発酵モンの出合い、というところでしょうか。

★日野菜のさくら漬け、「流域のめぐみセット2012秋」で販売しております。ぜひお試しください!★

DSCF3380.jpg

滋賀の伝統野菜、日野菜。大根みたいですが、かぶらです。

DSCF3564_s.JPG

緋の菜ともよばれる日野菜は、生のお野菜では根っこは真っ白で首元がきれいな紅色、葉っぱは濃い緑、黒?に暗い赤が混ざっている感じですが、根も葉も一緒に酢を使ってお漬物にするとそれはそれは鮮やかな紅色に。
甘酸っぱいお漬物で、ご飯モリモリ食べられます。
もちろん、お酒のあてなどにもGOOD。
目も口もしあわせ。
しかも、乳酸菌でおなかもしあわせ〜。
おすすめですー。

2012年11月03日

ハツカダイコンとパプリカ

ハツカダイコンとパプリカ。

DSCF3557_s.JPG

20日ではむりだけど、とても早く育つハツカダイコンと、夏中の栄養をゆっくり吸収して、ゆったりゆっくりそだったパプリカ。
対照的なおふたり(野菜たち)です。

DSCF3552_s.JPG DSCF3553_s.JPG
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

黒豆の枝豆がおいしい

黒豆の枝豆、おいしいです。
今、まさに旬。

DSCF3569_s.JPG DSCF3568_s.JPG DSCF3572_s.JPG

大きくまるまるプリッとした豆は、塩ゆでしただけが最高です。

DSCF3491_s.JPG

あまーく深い味わいが口いっぱいに広がり、伸びる手がとまらなくなるほど。
モスグリーンの皮に包まれたきれいなグリーンの中身の色合いは、豆ご飯、卵焼き、かき揚げ、コロッケ、とさまざまな料理に彩りを添えてくれます。

栗ご飯に黒豆も塩ゆでをちらしてみました。
なんと贅沢な。。。

DSCF3544_s.JPG DSCF3543_s.JPG

黒豆入り豆腐コロッケです。
これまた贅沢な。。。

DSCF3497_s.JPG

油でカリっと揚げたコロッケは大ごちそうです。
普段は煮たり焼いたり、と手早い料理ですませちゃいますが、
こんなごちそうを食べてゆっくりビール、なんて日もうれしい。
とはいえ、揚げたてのあつあつを「はふはふ」ほおばりながら菜箸片手に「キッチンビール」なことが多いのですが・・・

豆腐に菊芋の味噌漬けを味噌ごと入れて、コッテリ風味。
黒豆の枝豆を入れると、断面がとてもカワイイ。

続きを読む
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

「固定種伝統野菜で冬に向けてカラダをなかから整えようセット」

こんなお野菜たちですー。

◎冬野菜のヤングベジタブル5種類

聖護院大根、あるいは、白上り京大根
DSCF3563_s.JPG
(★この写真は白上り京大根)

聖護院かぶら
DSCF3567_s.JPG

仙台はくさい
DSCF3562_s.JPG DSCF3560_s.JPG
巻いてるのも出てきました!

千筋京水菜
DSCF3561_s.JPG

壬生菜
DSCF3567_s.JPG

鷹峯とうがらし(6本前後)

丹波黒豆の枝豆(枝付き、300gぐらい)
posted by namy at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台はくさいとすき焼き

白菜、大好きです。

すっかり寒くなりました。
だいぶ巻いてきてくれました。

DSCF3644.JPG

我がふぁーむの白菜は、「仙台はくさい」の名で知られている松嶋純二号白菜。
柔らかいのに身がしっかりしまっていて、甘くって、人気者です。
地元仙台では、松嶋純二号白菜といえば「すきやき」だそう。

というわけで、我が家でも甘辛いすき焼き風に。
お肉なし。代わりと言ってはなんですが、お麩を入れてみました。

DSCF3620.JPG

甘辛いの、あつあつのん、おいしいですねー。

2012年10月31日

今がおいしい:ハツカダイコンとパプリカ

DSCF3557_s.JPG

20日で育つからハツカダイコン。
種まきしてからあーっっっというまに20日たって、立派になりました。

DSCF3552_s.JPG

中には育ちすぎて、「これは万木かぶ(赤かぶ)か?」というものもあります。

DSCF3553_s.JPG

「大きくなってラッキー。いっぱい食べられる」
と思う私は食いしんぼです。
しかし人生そんなに甘くない。
大きいのは、大きい割に重たくない。。。いや、軽い???
と割ってみると、中が空洞になったものも。。。

やっぱり野菜には「収穫適期」というものがありますねぇ。

水路できれいきれいに。
水も冷たくなってきました。

DSCF3556_s.JPG
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

ショウガ、育ってます!

ショウガが育っています。
きゅうりと混植していたので、まだキュウリネットが残っています。
ショウガは日陰で育った方がいいそうです。
そこでわさわさ茂るきゅうりのふもとに植えていました。

DSCF3558_s.JPG

ショウガは薬味としてバツグンの働きをしてくれるので、毎日のお料理に重宝しています。
しかもカラダを温めてくれるし、生姜湯などでこの時期欠かせない食材。
刻んで(もちろん機械頼み)ジップロックで冷凍保存で常備しています。

それにしても、こんな風にツンツン育つなんて、育てるまでまったく知りませんでした(恥ずかしながら)。
結構知らない人も多いんじゃないでしょうか。

ツンツン育つといえばミョウガ。
ミョウガも大好きな薬味です。
これもまた、育ててないとショウガと区別がつきにくい。

そういえば、京都の御池通という京都もど真ん中の街路樹の根元の花壇みたいな小さいスペースに、ミョウガが植えてあってびっくりしたことがあります。つげに紛れてツンツンしていた植物、あれはまぎれもないミョウガ!

あの土は京都市のものでは。。。?
野菜をそだてていいんやろうか。。?

と思いつつ、きっと誰も気がつかないからいいんやろうなーと思った覚えがあります。
それこそ銀杏の木の根元に「白菜」がどどーんと植わっていたら、おとがめがあるかと思います(^▽^)
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

しいたけ穫れだした〜

やっとこさ穫れだしたしいたけ。
ご近所のおばさまがたにもまれ、菌打ちにしたのもよきおもひで。
思い返せばやはり2年前のこと。やっぱそれだけかかるのね。

しいたけ菌打ち体験
http://kurodaira.seesaa.net/article/188526647.html
初しいたけ収穫
http://kurodaira.seesaa.net/article/275419075.html

さっそくマコモダケとしいたけを炒めて、中華風な感じでとろみをつけてみました。

DSCF3585_s.JPG

おいしすぎる〜。
ぷりっぷりっ。

にしてもこれ、大きすぎ。。。!?

DSCF3584_s.JPG

2012年10月28日

間引き菜たっぷり生活

菜っ葉たっぷりのおそば。
DSCF3493_s.JPG
甘辛く炊いたお揚げさんと壬生菜、めちゃ合います。

我が家は今、間引き菜づくしの食卓です。

DSCF3469_s.JPGDSCF3544_s.JPG

中でも乾坊(1歳6ヶ月)が大好きなのが、大根とこんにゃくとにんじんを炊いたの。
拍子切りにしたのを、しょうゆ、みりん、黒砂糖、かつお節で味付け。
乾坊の手は止まりません。
そのうち両手がでてきてわしづかみ。

おかげで鼻水でなくなりました。

2012年10月27日

黒豆の枝豆の塩ゆで

黒豆の枝豆の塩ゆで。

DSCF3491_s.JPG

塩ゆでしただけだというのに、ああ、なんとおいしいのか。
ほんのーりあまくって、ほどよく効いた自然塩との絶妙なコンビネーション。

枝豆というと夏のもの〜というイメージですが、黒豆の枝豆は今が旬です。
「黒大豆ポリフェノールで抗酸化作用、老化防止」
「レシチンで脳の活性化」
「イソフラボンで体脂肪量の低減効果」
「ミネラルでデトックス」
その他いっぱい書ききれないうれしいおまけ付き。
・・・あ、わたしこそ、毎日食べなあかんやん。

2012年10月26日

米ぬか入りパンケーキ

豆坊、パンケーキ作りも上手になってきました。

DSCF3624.JPG

うまくタネ生地を流し、ひっくり返すのも上手です。

そんな豆坊の隣で「のぞいている」のは、やっぱり乾坊。
手が「にゅにゅにゅ」と伸びる直前の図。

ちなみに我が家のパンケーキには、米ぬかが大量に入ってます。
ふふふ、かなりおいしいし、おなかにもよく、栄養たっぷり。
いうことなしです。
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもと楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

チャイルドベジタブルくんたち

少し前まで「ベビー」だったはずなのに、「チャイルド」時代を迎えた冬野菜くんたち。
もう、ふわふわ頼りなげで柔らか〜い赤ちゃんではありません。

確かにちっちゃい。
でもその立ち姿は、ふと見たときに「大人かな」と見紛うぐらい。
ああ、成長したなぁ、と感じるようになりました。

DSCF3495_s.JPG
posted by namy at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耕し歌ふぁーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。